5月の苑内研修

投稿日:2018年05月19日

5月14日(月)、特別養護老人ホーム弘恩苑で外部講師による苑内研修が開催されました。

特別養護老人ホーム弘恩苑では、苑内研修を毎月実施しています。

普段の苑内研修はスタッフが交代で、それぞれの専門分野に基づいた講座を開催していますが、今回は(公財)介護労働安定センター香川支部様にお願いして、社会保険労務士の玉井洋次先生をお招きし、「リスクマネジメントに関する基本的知識」というテーマで約1時間の研修をしていただきました。

日常業務に潜む事故・感染症・虐待などのリスクを正確に見きわめることはとても重要です。そして、ヒヤリハットや他施設の事例を参考にして、事故等の発生を防ぐために適切な処置をするとともに、起きてしまった場合には最善の対策を取れるようにしておかなければなりません。これらの一連の計画・統制の流れがリスク・マネジメントです。

 

研修では、玉井先生の柔らかく親しみやすい語り口で、とてもわかりやすく説明していただけました。グループワークでは、職種の異なるスタッフが活発に意見交換する場面もあり、それぞれが普段の仕事を見直す良いきっかけになったのではないでしょうか。


TOP