先輩職員の声(特別養護老人ホーム弘恩苑・介護職員・女性・3年目)

投稿日:2018年03月04日

※本記事は、職員へのアンケートに基づいて行ったインタビューを再構成したものです。

――弘善会に就職してからのキャリアを教えてください。
短大で介護福祉士資格を取得して、新卒で入職しました。特別養護老人ホーム弘恩苑で働き初めて現在3年目です。

――弘善会に就職する前は何をしていましたか?弘恩苑 介護スタッフ
小学校から高校までバレーボールをしていました。学生時代は焼肉店・アパレル店・ブライダル会場など、接客のバイトを多く経験しました。

――弘善会に就職しようと思ったきっかけは何ですか?
高松の施設に就職したいと短大の先生に相談すると、弘善会を勧められました。同じ短大出身の先輩が働いている安心感もあり、悩むことなく応募しました。

――あなたが考える、弘善会で働くことのメリットは何ですか?
楽しく働けることと、積極的に研修に参加できることです。特に、今年受講した認知症についての施設内研修では、普段接している利用者さんとの関わりを見直すきっかけになりました。

――今まで仕事をしてきて、一番嬉しかったことを教えてください。
利用者さんの誕生日を皆さんでお祝いしてプレゼントをお渡しした時、涙を流して喜んでもらえたことです。行事の時に楽しそうに過ごされているのを見ると、こちらも嬉しくなってきます。

――仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
利用者さんがいつも笑って過ごせるように心がけています。どんな利用者さんでも、まずは積極的にコミュニケーションを取って、ベストな接し方を引き出すことが大事だと思います。

――あなたのストレス解消法は何ですか?
カラオケとお買い物です。カラオケは夜勤明けに一人でも行ってます(笑)。

――休日等、プライベートな時間の使い方を教えてください。
実家に帰ったり、友人と食事に出かけたりしています。

――今後の目標は何ですか?弘恩苑 介護スタッフ
喀痰吸引の医行為研修を受けたいです。夜勤の時に、看護師さんがいなくても安心できますから。今はこの仕事を続けていって、先輩方のように、利用者さんのわずかな変化にも気がついてすぐに対応できるようになりたいと思っています。

―求職者のみなさんへメッセージをどうぞ。
業務は大変ですが、やりがいがあって、何より自分が成長することができます。入って間もない頃、利用者さんが亡くなられたことがショックで、落ち込んだこともありました。今では利用者さんの人生の締めくくりに立ち会うことの重要さを知って、より積極的に利用者さんに関わるように心がけています。

(取材担当者より)
社会人3年目といえば、仕事の全体が見渡せて、面白さがわかってきた時期ではないでしょうか。今日も職場でひときわ大きく明るい声が響きます。利用者さんとの別れのエピソードもままある話とはいえ、その経験の受け止め方は千差万別。彼女の場合は持ち前の明るさで、とても前向きに消化してこの仕事を続ける決意につなげてくれました。

取材中はコミュニケーションの重要さを語ってくれましたが、決しておしゃべりなタイプではないのに、ごく自然にテンポよく会話が進みます。なるほど、本当の介護のプロは、会話のプロでもあるんだなと改めて気づかされました。

ところで、彼女のように脇目もふらず一直線に求人に応募してくれる人は、最近では珍しいかもしれません。弘善会では職場見学会を随時開催中です。介護の仕事に少しでもご興味がおありでしたら、まずは一度、職場見学にいらしてください。
(注:本記事は2017年12月取材時点での内容です)


TOP