先輩職員の声 (香色苑デイサービスセンター・介護職員・女性・4年目)

投稿日:2018年03月03日

※本記事は、職員へのアンケートに基づいて行ったインタビューを再構成したものです。

弘善会に就職してからのキャリアを教えてください。
高校卒業後、新卒で弘善会に就職しました。香色苑デイサービスセンターに配属されて現在4年目です。介護職員実務者研修はすでに修了していて、今年度に介護福祉士の国家試験を受験する予定です。

――学生時代は何をされていましたか?
高校時代は弓道部に所属して、副部長を務めていました。今でも新年など、たまにOBとして弓を引くことがあります。

――弘善会に就職しようと思ったきっかけは何ですか?
もともと地元(古高松地区)出身で、小学生の頃、社会見学や慰問で香色苑を何度か訪れたことがありました。その時にとても楽しくて、スタッフも優しくしてくれたのを覚えています。高校は商業科だったので介護は全くの未経験分野でしたが、法寿苑の職場見学会に参加して、弘善会の採用試験を受けることに決めました。
当初は先生や親から、「介護は大変な仕事だから」と反対されましたが、祖母が退職後にヘルパーの仕事を始めていたこともあって、大変なのは分かっていましたし、最終的には泣いて説得しました(笑)。

――あなたが考える、弘善会で働くことのメリットは何ですか?
人との関わり方、信頼の大切さを学べることです。利用者さんはもちろんですが、いろんな世代のスタッフと一緒に仕事を続けていくことで、コミュニケーションの取り方や距離感がうまくつかめるようになります。あと、家から近いこともメリットかな(笑)。

――今まで仕事をしていて、一番嬉しかったことを教えてください。
利用者さんが普段から何気なくおっしゃる「ありがとう」の一言です。些細なことでもお年寄りはちゃんと見ていらっしゃいますから、その気持ちに応えられることが毎日のやる気アップにつながっている気がします。

――あなたが大切にしているもの・ことは何ですか?
家族と友人、自分の時間です。
仕事をする上で大切にしているのは、利用者さんのちょっとした不安や不満を見落とさないよう、さり気ない観察とフォローを欠かさないことです。

――あなたのストレス解消法は何ですか?
カラオケに行くこと、好きなアーティストのライブに行くこと、友人と会うこと、好きなものを食べることです。アーティストはジャニーズから松山千春まで、幅広いジャンルをカバーしています(笑)。
利用者さんとの会話も、皆さん孫のように慕ってくださるので、たいていの嫌なことは忘れてしまいます。

――休日等、プライベートな時間の使い方を教えてください。
休みの日はショッピングに行ったり、家でゴロゴロしたり、友達と遊んだり、いろいろ。基本的にオンオフの切り替えははっきりさせるタイプです。

――今後の目標は何ですか?
結婚して、30歳までに子供を3人儲けることです!
仕事では、まずは介護福祉士の国家試験に合格すること。仕事の幅を広げるために、今後は特別養護老人ホームの業務にも就いてみたいです。

――求職者のみなさんへメッセージをどうぞ。
香色苑ではゆっくり、じっくり介護について学べます。私は無資格・未経験で入りましたが、技術的なことは毎日ちょっとずつ教えてもらえたので本当に助かりました。今でも職場内で介護技術を教えたり、注意が必要な利用者さんの対応について議論したりと、皆さんとても勉強熱心です。利用者の皆さんも元気いっぱい、笑顔いっぱいなのがいいところです。

(取材担当者より)
若いのにずいぶんしっかりしているな、というのが第一印象でした。話を聞くうちに、かなり熱い人物なのがわかりました。語り口は比較的おっとりしているのに、言葉の中に揺るぎない意志と熱意が感じられて、後ろ向きな発言は一切聞こえてきません。介護の道へ進むことに反対した親御さんを泣いて説得、というエピソードには、思わずこちらもホロリときてしまいました。その一方で、仕事に関する話を聞くと、感情に流されず冷静に自分を客観視できているようにも見えます。一見どこにでもいそうで、実はなかなかいないタイプなのかも?実際に毎日忙しいデイサービスでも、彼女は頼りがいのある若手スタッフとして重宝されているようです。
まだまだ4年目、来年の国家資格取得後もさらなる活躍が期待できそうです!
(注:本記事は2017年12月取材時点での内容です)


(2018.3.31追記)
介護福祉士国家試験に無事合格しました。これからの活躍に期待しています!


TOP